• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • フリーランス支援「Freelance Basic」、オープンプラットフォーム化。パートナーも募集
2018-10-09 07:30

働き方

フリーランス支援「Freelance Basic」、オープンプラットフォーム化。パートナーも募集

フリーランス
ランサーズのフリーランス支援サービス
ランサーズ株式会社は、2018年10月4日、フリーランスに網羅的な支援を行うサービス群『Freelance Basic』をオープンプラットフォーム化し、提携パートナーの募集を開始したと発表した。


同社は、フリーランス総合支援プラットフォームを提供している企業。『Freelance Basic』は、フリーランスが事業活動を行う上で必要となる不得意・面倒な領域を総合的に支援し、個々人の持つ能力への集中を支援するサービス群。

会社員とのリソース差分を埋める
ランサーズは、「個のエンパワーメント」をミッションとして事業を展開している企業。テクノロジーの活用によって、個人の「働く」をデータベース化し、あらゆる個人を広義のプロフェッショナルへ変える「Open Talent Platform」の構築を目指している。

同社の『Freelance Basic』は、フリーランスと会社員とのリソース差分を埋めるサービスとして、提供が開始された。会社・組織なら当然の「コト」や「モノ」が、フリーランスには圧倒的に欠けている。社会的なセーフティーネットの整備も不十分であり、得意ではない作業を自ら手掛けざるを得ない場合も多い。こうした課題に対し『Freelance Basic』は、幅広く支援を展開している。

10月17日には説明会も開催
今回の『Freelance Basic』オープンプラットフォーム化および提携パートナーの募集は、よりスピーディーかつ広範囲にフリーランスを支援すべく行われた。「新しい働き方」の社会インフラ整備・拡大に共に取り組むパートナー企業を、同社は求めている。

なお同社は本年10月17日、フリーランス支援を検討している企業を対象として、『Freelance Basic』の説明会も同社本社にて開催する。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Freelance Basicsをオープンプラットフォーム化、フリーランス支援を推進 - ランサーズ株式会社
https://www.lancers.co.jp/news/pr/16415/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加