2018-10-11 07:30

ニュース

専門家からみた副業による収入の実態

収入
副業による収入の実態
2018年9月27日、藤本江里子氏(税理士、中小企業診断士)は、サイト「MONEY PLUS」で副業の実態について解説した。転職支援サービスのエン・ジャパンは、3111名の正社員(20代~40代)を対象に調査を実施した。

副業を経験した人の25%は、副業で月間、「1万円以上~3万円未満」稼いだと答えている。月間の副業収入が「1万円以上5万円未満」と答えた副業経験者は22%に上った。「1万円以上5万円未満」答えた人は全体の約半数を占めた。

エン・ジャパンによる調査では、対象者を副業の経験者と未経験者に分けて、「副業をする際に難しかった(難しそうだと思う)こと」をきいてみた。

その結果、「時間管理」と答えた人が一番多かった(経験者は64%、未経験者は67%)。次に多かったのが「確定申告など、事務作業に関する知識・処理」(経験者は31%、未経験者は50%)だった。

税金の計算方法
確定申告の際、税金の計算は収入から経費を差し引いた年間所得で行う。所得税の確定申告の必要性を判定する基準は20万円だ。

収入から経費を差し引いてゼロ、またはマイナスになった場合、申告する所得はない。申告する所得がないので、所得税と住民税の申告は基本的に不要だ。

(画像はMONEY PLUSのホームページより)


外部リンク

MONEY PLUS
https://moneyforward.com/media/career/70781/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加