TOP > 働き方 > M&Aマッチングサイトを運営する「アンドビズ」と「大阪中小企業診断士会」が連携
2018-10-14 08:10

働き方

M&Aマッチングサイトを運営する「アンドビズ」と「大阪中小企業診断士会」が連携

経営のバトンタッチをサポート

2018年10月12日、アンドビズ株式会社(以下、アンドビズ)は、一般社団法人大阪中小企業診断士会(以下、同診断士会)と連携協定(以下、同協定)を締結し、日本M&Aセンター大阪支社内で締結式を執り行ったと発表した。

2018年4月に株式会社日本M&Aセンターより分社化したアンドビズは、インターネットによる経営のバトンタッチ支援サービス「Batonz(バトンズ)」(以下、同支援サービス)を運営し、あとつぎ探しを支援する全国の税理士・公認会計士事務所や金融機関などとも協働し、小さな会社のあとつぎを探したい人・後を継ぎたい人同士のマッチング機能など、経営のバトンタッチをサポートしている。

連携協定の概要

同協定により、同診断士会に加盟する中小企業診断士に対し、中小零細企業M&Aに関する教育事業を実施するとともに、同支援サービスを提供する。

さらに、同診断士会とともに、中小零細企業に対し「承継セミナー」を開催する。

なお、同協定の締結式において、同診断士会の理事長は「アンドビズのもつ、事業承継に向けたノウハウや地方銀行・会計事務所のネットワークを活用することで、大阪の中小零細企業の技術承継支援と発展を実現できる」と述べている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

アンドビズ プレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000034376.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加